ヒゲ、産毛の原因である、女性ホルモンの減少に目をつけた抑毛クリーム、ノイス(NOISU)。

洗顔やお風呂の後の綺麗な顔に、塗るだけの簡単なケアで気になるヒゲや産毛が気にならなくなると評判のスキンケアクリームです。

ノイス(NOISU)の正しい使用方法!使い方を誤ると効果半減?

基本的な使い方については、「洗顔後の清潔な肌に小まめ粒大のノイス(NOISU)クリームを気になるところに塗る」というシンプルなものですが、もっと効果的な使い方がないか調査しました。

さらに、使い方の注意点も合わせて調査しましたので、ご紹介していきます。

ノイス(NOISU)の効果的な使い方

ノイス(NOISU)の効果的な使い方
基本的には「綺麗で清潔な肌に塗るだけ」という簡単な使い方ですが、さらに効果的な使用方法をご紹介します。

シェービングしてから使う

ノイス(NOISU)の浸透力を高めるために、シェービングなどで自己処理をしてから使うのがおすすめです。
毛が表面に生えている状態だと、抑毛効果のある有効成分の浸透が毛に邪魔をされてしまいます。

軽くシェービングをした後の方がノイス(NOISU)の浸透力を高めることができます。

ノイスを温めてから使う

ノイス(NOISU)は手のひらで温めて使うと、伸びがよくなります。

すると、肌への浸透もよくなり抑毛効果、美肌効果のある有効成分が通常よりも染み渡ってくれます。

毛穴を温めてから使う

毛穴を温めることにより、毛穴を開かせることができます。
毛穴が開くことで、有効成分が浸透しやすくなるのです。

例えば、次のようなタイミングでノイス(NOISU)を使うとより効果的です。

お風呂に入った後

お風呂に入った後は体が温められており、毛穴が開かれていますし、清潔な状態です。

お風呂上がりの状態

  • 毛穴の汚れが綺麗
  • 温められて毛穴が開いている

このような理想的な状態でノイス(NOISU)を使うことで成分の浸透をより高めることができます。

蒸しタオルの後

お風呂に入るのが難しい日は蒸しタオルで毛穴を温めてもOKです。
水でタオルを濡らしてレンジで1分チンするだけで蒸しタオルが出来上がります。

その間に洗顔をしておきましょう。

蒸しタオルを適温に冷まして顔に乗せて1分ほど放置すれば毛穴がある程度開いています。

そこでノイス(NOISU)を塗ればお風呂上がりに塗るのとほぼ同じ状態で塗ることができます。

ノイス(NOISU)の有効成分にはこんな効果もある?

ノイス(NOISU)の使用方法についての注意点

ノイス(NOISU)の使用方法についての注意点

ノイス(NOISU)は敏感肌でも使える天然由来の成分で作られているスキンケアクリームです。
しかし、使用方法については何点か注意点もあるので、ご紹介します。

化粧水の前に使用する

ノイス(NOISU)を塗る前は、何も塗らないようにしましょう。
化粧水だけでなく、その他の乳液などの化粧品もノイス(NOISU)の後に塗るのが良いです。

なぜなら、ノイス(NOISU)の前に塗ってしまうと、肌をガードしてしまいノイス(NOISU)の有効成分が浸透しなくなってしまうからです。

ノイス(NOISU)には保湿力もあるので、乾燥が心配な人も安心して最初にノイスを使ってください。

炎症が起きている箇所は避ける

敏感肌にも使えるスキンケアクリームのノイスですが、炎症が起きている場所に使うのは避けましょう。
ニキビ跡などでジュクジュクしていたり、傷があるところは使うのは避けた方が良いです。

粘膜には使用しない

粘膜というのは、眼球の周辺や鼻の穴の中などです。
目の周りギリギリに使ったり、鼻毛を抑毛しようという考えでノイス(NOISU)を塗るのは避けるようにしましょう。

抑毛したくない箇所には使用しない

そもそも抑毛が不要な部分(例えば眉毛やまつげ等)には使わないようにしましょう。
間違って使ってしまうと、毛が生えてくるのが遅くなってしまいます。

女性ヒゲ、男性ヒゲでノイス(NOISU)の使い方に違いはある?

女性ヒゲ、男性ヒゲでノイス(NOISU)の使い方に違いはある?

使い方については、女性のヒゲも男性のヒゲも変わりはありません。
ここで紹介した効果的な使い方もどちらも有効です。

しかし、男性のヒゲについては太く、硬い場合が多いので女性のヒゲよりも長い期間使う必要があります。

男性ヒゲにノイス(NOISU)を使った口コミはある?

まとめ

まとめ

ノイス(NOISU)は塗るだけ簡単な抑毛クリームですが、有効成分をさらに効果的に浸透させるためには次のポイントがあります。

 

  • ムダ毛はある程度剃っておく
  • 毛穴を温めて開かせる
  • ノイスの前には何も塗らない

 

この3点が重要です。
この3つを意識して行うことで、ノイス(NOISU)をより効果的に使うことができますよ。